ホーム > 図書館・施設案内 > 介護福祉研究センター

図書館・施設案内

介護福祉研究センター 概要

目的

 介護福祉研究センターは、介護福祉、高齢者問題、障害者問題等(以下「介護福祉等」という。)に関する研究を行うとともに、地域社会への貢献、連携をめざし、地域福祉に寄与することを目的としています。

事業

介護福祉研究センターは以下のような事業を行います。

(1) 介護福祉等の研究活動に関すること
(2) 地域福祉分野での社会への貢献と連携に関すること
(3) 本学卒業生及び介護福祉に携わる人の研修、交流活動等に関すること
(4) 研究紀要、情報誌等の発行に関すること
(5) その他、運営委員会で必要と認められた事項


組織

センター長 千草篤麿
主任研究員 徳山貴英
研究員(学内) 鷲見裕子、福田洋子、中川千代、武藤敦士、久保田奈央
研究員(非常勤講師) 東律子、伊藤利美、金信昌樹、高林光暁、高山文博、武川眞固、藤重育子、蒔田勝義、矢野加奈子、山野文照(五十音順)
研究員(学外) 青山智香、植木是、上原香織、岡田智貴、織田紀代子、桂三発、黒宮英二、黒宮拓哉、鈴木康佑、竹中麻子、中谷政義、長谷川恭子、平田育代、宮川智行、山本伽奈(五十音順)
運営委員 千草篤麿、福田洋子、中川千代、武藤敦士、徳山貴英

 

ご挨拶

センター長 千草篤麿

 本学に介護福祉士養成課程が設置されて、漸く10年目を迎えることとなりました。卒業生も徐々に増え、県内各地の介護現場で活躍しています。彼らの頼もしい姿を見る喜びと共に、一方で、卒業生に対するリカレント教育の必要性を痛感させられてもきました。介護福祉士養成課程におけるリカレント教育は、在学時の教育を基礎としつつ、介護現場での実践的、実際的取り組みを支え、介護福祉の質の向上を目指すものとして、卒業生、在学生、教職員、介護福祉分野の関係者が共に学び合う場として位置づけることができます。このような思いを実現するものとして、昨年「介護福祉研究センター」が設立されました。本研究センターは、リカレント教育を柱に、広く介護福祉や社会福祉の関係者が集い、自由に研究や学習ができる場として運営していくことを目指しています。
さて、介護福祉や社会福祉を取り巻く環境は厳しさを増すばかりですが、その中にあっても、介護や福祉の本質を見失わずに、実践や研究の質を高めていくことが何よりも重要だと考えます。本学の卒業生や教職員にかかわらず、広く介護福祉や社会福祉を実践し、共同して研究をしていただける方を研究員として迎えたいと考えています。是非、高田短期大学介護福祉研究センターの活動にご参加下さい。

平成27年4月1日

センター紀要「介護・福祉研究」

活動報告

  • 平成27年度 介護福祉研究センター実施事業のスケジュールについてはこちら[PDF:230KB]
  • 平成28年度 介護福祉研究センター実施事業のスケジュールについてはこちら[PDF:153KB]
Adobe ReaderダウンロードページへPDFファイルを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。
お使いのパソコンにAdobe Readerがインストールされてない方は、
「Adobe Reader ダウンロードページ」よりダウンロードして下さい。(無料)

案内・問い合わせ

高田短期大学介護福祉研究センターへのお問合せ

高田短期大学介護実習棟内に高田短期大学介護福祉研究センターがあります。

住所   〒514-0115 三重県津市一身田豊野195番地 高田短期大学内
TEL    059-232-2310  
FAX    059-232-6317
E-mail  tokuyama@takada-jc.ac.jp

高田短期大学介護福祉研究センターへのアクセス

公共交通機関をご利用する場合

津駅東口より三交バス椋本、豊里ネオポリス、高田高校前、サイエンス シティ行きに乗車、高田高校前で下車徒歩約10分
津駅東口より三交バス三重病院行きに乗車、本山前で下車徒歩約15分
近鉄高田本山駅より自転車約20分
JR一身田駅より徒歩約15分

車でお越しの場合

23号線から栗真中山町交差点(津市)から県道10号線(津関線)を関方面へ。高田高校前交差点で右折し、道なりに進み、1分ほどで右手に短大入口が見えます。

中勢バイパス大里窪田町出口から県道10号線(津関線)を海岸方面へ。高田高校前交差点で左折し、道なりに進み、1分ほどで右手に短大入口が見えます。

駐車場

短大入口から坂を上がりきったロータリー付近の駐車スペースをご利用ください。
空きがない場合は、坂をあがってすぐ左手奥のスペースをご利用ください。