ホーム > 学科案内 > キャリア育成学科 > 介護福祉コース

学科案内

キャリア育成学科 介護福祉コース

「人間」理解 福祉の心を養うため、人間理解の方法を学びます
「介護」技術 生活全般にわたる、実践的な介護の技術を学びます
社会「福祉」 広く社会に役立つ、福祉の基礎的な理論を学びます

コース紹介

日本の高齢化がますます進む中で、介護福祉士への期待は大きくなるばかりです。
人間が人間を介護するということは、人類の歴史において、弱くて小さい人間が、お互いに支え合いながら進化を遂げてきたことの証であり、他の動物では見られない崇高なものです。
 介護福祉コースでは、人間の福祉を従来の社会福祉の枠にとらわれず、環境、いのち、心の問題などを通して考え、身体の介護と心の介護の両面に精通した専門的な介護福祉士の養成を行います。そして、よりレベルの高い介護福祉士をめざし、福祉レクリエーションワーカーやピアヘルパー(カウンセラー)の養成も同時に行います。

平成29年度から始まる介護福祉士国家試験に対しては模擬試験の実施を含め、合格に向けて担当教員が授業の中でしっかり指導していきます。
 また、「高田短期大学介護福祉研究センター」と連携して、地域における介護福祉の諸問題に取り組んでいます。たとえば、地域で活躍する高齢者の人たちや、老人ホーム等で生活する要介護高齢者の人たちと教員・学生との交流活動を行っています。さらに、卒業生を含めた福祉施設職員の人たちと協力して、学習や研究を行っています。そして、それらの結果や経過を『高田短期大学介護・福祉研究』誌(旧:高田短期大学人間介護福祉学科年報)に掲載して、研究成果を蓄積しています。今後も教員、学生、卒業生、地域の福祉関係者の人たちと連携を深めて、介護福祉分野の研究を進めていきたいと考えています。

千草 篤麿
地域に根ざした福祉を追求し、
思いやりの介護を実践するために、
共に学び合いましょう。

介護福祉コース長 千草 篤麿
 様々なハンディを持って生きている高齢者や障害児・者の方々やその家族を援助し、支えていくのが介護福祉士の役割です。介護の技術を身につけることは何より大切なことですが、介護される人やその家族の心の動きを理解することも同時に不可欠なことです。単なる同情ではなく、心からの共感と思いやりの実践が結びつかなくてはなりません。
 また、介護実践の背景にある社会福祉の制度を知らなくては、せっかくの介護や思いやりも意味が薄れます。自分が実践している介護が社会福祉制度の中でどのように位置づけられているのかがわからなければ専門的な介護福祉士にはなれません。今後、社会福祉制度がどのような方向に動いていくのか。また、どう進んでいくべきなのか。学生時代に基本的な考え方を学んでおきましょう。
 人間のいのちや地球の環境を大切にしない社会には、本当の幸せは望めません。障害がある人もない人も、介護が必要な人も必要でない人も、共につながり合い支え合える社会には、明るい希望や未来への展望が開けてきます。
 一人ひとりのねがいを大切にして、地域で人と人とのつながりを強めながら、これからの社会をみなさんと共に切り開いていきたいと考えています。
 キャリア育成学科介護福祉コースへの入学を心からお待ちしています。