学科案内

Q&A

  • 卒業後の就職状況はどうなっていますか?
  •  毎年、ほぼ100%の高い就職率を誇っており、県内の有力メーカー、銀行などの金融業、会計・税理士事務所、小売販売業、医療機関など多くの企業に就職しています。最近では医療・福祉施設への就職も増えています。オフィスワークコースでは、さらなる就職内容の質向上をめざし、少人数のゼミナール単位でのきめ細かなサポートを行なっています。日々のゼミナール担当教員とのコミュニケーションが、就職率の高さにつながっています。
  • 私は普通科なので、簿記を学んだことがないのですが、簿記の授業についていけるでしょうか。
  •  簿記の授業は、初心者クラス、経験者クラス、上級クラスと、習熟度に応じてクラス編成を行って指導しています。初心者で入学する学生が大半なので、入学後にしっかり学んでいただければ大丈夫です。また、検定前には集中特別講座も行っています。
  • 秘書検定やサービス接遇検定などの資格を多くの先輩が取得していると聞きましたが、どのように試験準備をしているのでしょうか。
  •  秘書検定は、開講科目の「秘書学Ⅰ・Ⅱ」を受講することによって、必要な知識や実技を学ぶ事ができます。サービス接遇検定も、開講科目の「ビジネスマナーⅠ・Ⅱ」を受講することによって、必要な知識や実技を学ぶことができます。秘書検定もサービス接遇検定も、検定前には対策講座を実施し、受験者が少しでも多く合格できるように支援しております。
  • 医療関係の事務職に就きたいのですが?
  •  オフィスワークコースでは、選択科目に「医療事務I・II」の講義をおいています。本学にて所定の講義を履修・習得すると、「医療事務技能士」「医療事務管理士」を受験する資格を得ることができます。「医療事務技能士」「医療事務管理士」は技能認定振興協会が特許庁より商標登録を認められた資格で、国内最大規模の医療事務の資格です。
  • 情報教育ではどのような人材育成を目指していますか?
  •  システムエンジニアやプログラマを養成するのではなく、いろいろな職場(オフィス)で業務にコンピュータやネットワークを活用できる人材育成を目指しています。そのため、ワープロ検定、表計算検定、P検(ICTプロフィシエンシー検定)、Microsoft Office Specialist、などの資格・検定取得のサポートをしています。
  • オフィスワークコースでは、パソコンを持つ必要はありますか。
  •  本学では、コンピュータの実践的な能力を身につけるために、本学でまとめて最新のノートPCを購入し、設定をしています。学習や学生活動、ボランティア活動など様々な場面でノートPCを活用し、実践的な能力を身につけてください。
  • 4年制大学等への進学、編入をすることはできますか?
  •  高田短期大学での単位履修を生かして4年制大学等への編入、進学をすることができます。これまでに国立大学に進学した先輩がいますし、指定校推薦大学も多くあります。オフィスワークコースでは、オフィスでの実務能力を基本として身につけますが、多様化する現代において、いろいろな知識・技能を持った人材が求められています。そのようなニーズに対応するため、さらに専門的に学びたいという人へのサポートにも力を入れています。