ホーム > 平成29年度 高田短期大学教員免許状更新講習

平成29年度 高田短期大学教員免許状更新講習

仮申込

ポイント 免許状更新講習 仮申込フォーム

募集要項

教員免許更新制の目的

 平成19年6月の改正教育職員免許法の成立により、平成21年4月から教員免許更新制が導入されました。これは、その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。修了確認期限前の2年間に、免許状更新講習を合計30時間以上受講し修了する必要があります。30時間のうち、「必修領域」を6時間以上、「選択必修領域」を6時間以上、「選択領域」を18時間以上受講し修了することとなります。
 高田短期大学では文部科学省の認定を受けて免許状を所持している幼稚園教諭を対象とした免許状更新講習30時間を開設します。

 教員免許更新制について詳しくは、文部科学省ホームページでご確認ください。

ポイント 文部科学省ホームページ:教員免許更新制

1.受講対象者

平成30年3月31日に修了確認期限を迎える幼稚園教諭。

  1. 昭和57年4月2日~昭和58年4月1日生まれ(満35 歳)
  2. 昭和47年4月2日~昭和48年4月1日生まれ(満45 歳)
  3. 昭和37年4月2日~昭和38年4月1日生まれ(満55 歳)

※満年齢は、いずれの場合も、平成30年3月31日時点の満年齢となります。

平成31年3月31日に最初の修了確認期限を迎える幼稚園教諭。

  1. 昭和58年4月2日~昭和59年4月1日生まれ(満35 歳)
  2. 昭和48年4月2日~昭和49年4月1日生まれ(満45 歳)
  3. 昭和38年4月2日~昭和39年4月1日生まれ(満55 歳)

※満年齢は、いずれの場合も、平成31年3月31日時点の満年齢となります。

※文部科学省ホームページ:「修了確認期限をチェック」で調べることができます。

ポイント 文部科学省ホームページ:「修了確認期限をチェック」

上記の修了確認期限を迎え、次の各項のいずれかに該当し、本学の開設する5講座(計30時間)をセットで受講できる方とさせていただきます。

  1. 現職教員
  2. 教員採用内定者
  3. 教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リストに登載されている者
  4. 過去に教員として勤務(幼稚園)した経験のある者
  5. 認定こども園で勤務する保育士、認可保育所で勤務する保育士、幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設で勤務している保育士で教員免許状を所持されている者

※詳しくは文部科学省ホームページ:<解説>教員免許更新のしくみを参照してください。

ポイント 文部科学省ホームページ:免許状更新講習の受講対象者

2.講習日程・内容・募集定員

【選択領域】

5講座(計30時間)をセットで受講できる方を申込受付します。
開催日毎の申込はできません。

開催日 講習名(6時間) 講習概要 定員 講師名
8月5日(土)
第1日
【選択必修領域】
教育相談
日々の業務においては、家族の多様な生活問題、多様な生活様式等、考えてもみなかったことを経験されている方も多いと思います。様々な問題をこの講習のわずかな時間で考えることは出来ませんが、その根底にあるものに目を向けることで、教育相談(いじめや不登校対応を含む)のあり方を考え、明日の業務に役立てて頂けることを内容に盛り込みます。 40 橋本景子
8月6日(日)
第2日
【必修領域】
教育の最新事情
前半(千草担当)は心理学や脳科学の研究から乳幼児期の発達について考える。また、障害児保育、特別支援教育についても、これらの研究から検討する。その上で、子どもと接する場面のカウンセリングマインドの必要性について解説する。
 後半(寳來担当)は現代の幼児教育・保育をめぐる社会的動向を確認する。海外の幼児教育・保育や保幼少連携・接続等の現代的なテーマを取り上げながら現代保育者の専門性について議論を深める。
40 千草篤麿
寳來敬章
11月5日(日)
第3日
【選択領域】
子どもの食生活と食育
子どもの発達過程をふまえた食と栄養の重要性を理解したうえで、子どもを取り巻く食環境と食生活の現状と課題を把握する。さらに、食育の必要性と保育現場での食育実践について考える。  40 鷲見裕子
11月12日(日)
第4日
【選択領域】
子どもの健康管理
現代の子どもを取り巻く環境をふまえ、子どもの健康を保持するために保育者としての基本的知識の確認と役割を考える。また子どもの健康状態に異常が見られた場合、保育者としての適切な対応について理解する。 40 長倉里加
11月19日(日)
第5日
【選択領域】
子どもの感性と表現(音楽)
幼稚園教育要領の領域「表現」では「感じたことや考えたことを自分なりに表現することを通して、豊かな感性や表現する力を養い、創造性を豊かにする」ことを主旨としています。本講習では、幼児教育における領域「表現」の意味と実践への手がかりについて、近年の音楽教育研究の成果をもとに「耳」「声」「楽器(モノ)」「創造性」という観点から演習を行い、今後の実践への課題と可能性について探ります。 40 山本敦子

※定員になり次第に仮申込を終了させていただきます。

講習当日のスケジュールは次のとおりです。

8:30 ~ 8:50 ・・・受付
8:55 ~ 9:00 ・・・事務連絡 (8月5日のみ開講式8:50~)
9:00 ~ 12:10 ・・・講義等(小休憩10分、試験含)
12:10 ~ 13:00 ・・・昼休憩
13:00 ~ 16:10 ・・・講義等(小休憩10分、試験含)
(16:10 ~ 16:20) ・・・(11月19日のみ閉講式)

3.受講料

受講料は5日間30時間で30,000円です。

講習開始日の4日前(17:00)までに受講申込者がメールで申出があった場合、悪天候や自然災害による休講・若しくは本学が受講困難と認めた場合、本学の都合による休講以外は一旦入金された受講料は返還できません。

受講料振込み手数料は受講者自己負担とさせていただきます。他に受講者にご負担をお願いする場合の授業がございます。事前にこちらのシラバスをご確認ください。

4.講習会場

高田短期大学
〒514-0115 三重県津市一身田豊野195
アクセスマップは、本学ホームページで確認できます。

ポイント 問い合わせ・アクセス

※スクールバスは運行していません。
※駐車場は高田短期大学1号館前及び正門前駐車場(109台)もご利用していただいて結構ですが、駐車場でのトラブルに関して本学は関知いたしません。

5.受講の申込方法及び受講終了までの流れ

(1) 6月2日(金)10:00から6月9日(金)16:00の間、仮申込を受け付けます。
仮申込方法は、次のとおりです。
高田短期大学ホームページの「教員免許状更新講習のご案内・仮申込」から「受講仮申込」画面へと進み、各項目を入力してください。
ホームページからの仮申込により、先着順で受け付けます。定員になり次第募集受付を終了いたしますのでご了承ください。また不慮のことにより仮申込を済まされた方でも定員超過が生じた場合にはメールにて受付できないことの連絡をいたしますので、予めご了承ください。
   
(2) 仮申込ができた方には本学から改めて2,3日以内に≪高田短期大学・受講受付メール≫をお送りします。その際に手続き書類に関するURLをお示ししますので、アクセスして総てのもの「受講申込書(様式1)」、「受講票(様式2)」、「受講料振込のご案内」、「事前課題意識調査書」を印刷してください。(随時)
   
(3) [1] 「受講料振込のご案内」に沿って受講料を(2)のメールで指定する期日までに振込んでください。
[2] 「受講申込書(様式1)」には必要事項を記入し、顔写真貼付(縦4×横3cm)のうえ、所属長による受講対象者であることの証明を受けてください。
また、顔写真は同じ写真を2枚準備していただき、1枚目はこの「受講申込書(様式1)」に貼付し、2枚目は「受講票(様式2)」に貼付してください。
[3]「事前課題意識調査書」は法令で提出が義務付けされていますのでご記入ください。
写真添付し、必要事項をご記入・ご証明いただいた「受講申込書(様式1)」、「受講票(様式2)」、「事前課題意識調査書」は上記[1]の期日までに高田短期大学・教員免許状更新講習担当へ郵送してください。正式申込が完了となります。なお期日までに手続きがない場合は申込が取り消しとなるのでご注意ください。
   
(4) 書類審査、振込の確認後、本学から「受講票」を発送します。
   
(5) 講習受講(当日は「受講票」を忘れずにお持ち下さい。)
   
(6) 修了認定
各講習の時間内において修了認定試験を行ない、合格基準に達した受講者に当該講習の「修了(履修)証明書」{必修と選択必修領域の講習、選択領域の講習}を発送します。

6.受講上の注意

受講当日は、次のものを持参してください。

  1. 受講票
  2. 筆記用具
  3. 本人確認ができるもの(運転免許証,パスポート,健康保険証,職員証等)
  4. 各講習で指定されたもの(シラバスで確認してください。)
  5. 昼食
  6. 82円切手を1枚(証明書郵送に使用します。なお、宛名書きを初日にお願いいたします。)
  7. その他

7.その他

  • 受講者は講習終了後に事後評価アンケートをご記入いただきます。
  • 受講の申込みはインターネットでの申込に限り、郵送・電話での申込はできません。
  • 貴重品は各自の責任において管理してください。万が一盗難その他の事故がありましても、本学は責任を負いかねます。
  • 講習期間中は原則として遅刻・途中欠席は認めません。
  • 悪天候、自然災害及びその他やむを得ない事情により休講した場合は、代替日を後日連絡します。
    (8月13日(日)、11月26日(日)を予備日とする予定です。)
  • 開催日が学校休日のため、食堂・売店等の営業がございませんので、昼食は各自でご準備ください。
  • 認定試験の評価はシラバスをご参照ください。成績評価は下記のとおりです。
点数(100点満点) 評価 認定
80点以上 合 格
70~79点
60~69点
59点以下 不可 不合格
  • 成績開示請求(不合格の場合に限る)は担当にご連絡ください。
  • 「修了(履修)証明書」に係る手数料は初回に限り本学が負担しますが、再発行の場合は200円等が必要です。
  • 教員免許状更新講習においては、当該講習のための保険には加入しませんので、受講者各人の判断により傷害保険等の加入対応をお願います。
  • 本学は全面禁煙となっております。ご協力をお願いします。
  • 本学での講習を希望する方で、受講上特別な配慮を必要とする方は、受講申込前に本学担当までお申し出ください。
  • 申込等にあたってお知らせいただいた氏名・連絡先その他の個人情報については、応募処理、受講決定通知、講習実施、履修認定を行うため以外には使用いたしません。また、教員免許状更新講習の記録、募集のため、写真撮影やビデオ撮影をすることがありますので、ご了承ください。

教員免許状更新講習に関する問い合わせ先

高田短期大学 電話対応時間 平日9時から17時まで

  • 電話番号 059-232-2310
  • メール gakumu@takada-jc.ac.jp
    メールの件名の先頭は【教員免許状更新講習】としてください。
    (例) 【教員免許状更新講習】交通機関について