ホーム > 大学紹介 > ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

大学紹介

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

 本学に2年以上在学して、本学の「建学の精神」「教育の理念」「教育の目的」に基づいて設定した授業科目を履修し、「高田短期大学学則」に規定する所定の単位を修得して卒業が認定された学生は、次の学修到達目標に到達した(学修成果を獲得した)人材であると認め、「短期大学士」の学位を授与します(括弧内は観点を示しています)。

【共通到達目標(全学的学修成果)】

  1. あらゆるいのちの尊厳にうなずき、「やわらか心」涵養の意義を理解しているとともに、それに基づく人生観・価値観が身についている。
  2. 倫理性・社会性や責任感・使命感が培われている。
    (関心・意欲・態度)
  3. 幅広い知識が身につき、広い視野で専門分野をとらえることができる。
    (知識・理解)
  4. コミュニケーションスキルや基本的なITスキル等、地域社会が求める社会人としての基礎能力が身についている。
    (技能・表現)
  5. 学修した知識や技能・技術等を自らの専門分野に統合的に活用し、様々な課題の解決にねばり強く取り組むことができる。
    (思考・判断)

【学科到達目標(教育課程別学修成果)】

《子ども学科》

  1. 保育や幼児教育に対する関心、および保育実践、教育実践に対する意欲が高く、保育や教育の思想や理念が芽生えている。
    (関心・意欲・態度)
  2. 保育や幼児教育の基礎理論、および関連分野の基礎知識が身についている。
    (知識・理解)
  3. 保育や幼児教育の基礎的技能・技術が身についており、保育・教育の場で実践が可能である。
    (技能・表現)
  4. 学んだ知識や技能・技術を、保育・教育実習などを通して総合的、実践的に活用し、様々な課題に挑戦することができる。
    (思考・判断)

《キャリア育成学科 オフィスワークコース》

  1. 常に笑顔で、向上心をもって学ぶ姿勢があり、何事にも誠実に取り組むことができる。
    (関心・意欲・態度)
  2. オフィスで必要とされる次の専門領域の中から、描いたキャリアデザインを実現するために必要な、ビジネス実務の知識が身についている。
    ・オフィス 企業、会計事務所、病院等のオフィスで働くための知識が身についている。
    ・ビジネス 経済行為、組織運営等ビジネスに関わる知識が身についている。
    ・会計   企業の経理や金融についての知識をもち、経理事務の基礎能力が身についている。
    ・情報   オフィスで必要となるコンピュータやネットワークを活用する知識をもち、実務で実践できる。
    ・医療・福祉 医療・福祉分野のマネジメントのための背景知識をもち、医療事務、介護事務の処理能力が身についている。
    (知識・理解)
  3. 良好な人間関係を築く力(ヒューマンスキル)と、多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力(社会人基礎力)が身についている。
    (技能・表現)
  4. 自らの将来についてキャリアデザインを描くことができ、その描いたキャリアデザインを実現する力をもって「あなたでなければ」と言われるような人材へと成長している。
    (思考・判断)

《キャリア育成学科 介護福祉コース》

  1. 介護福祉、社会福祉に対する関心、および介護実践、福祉実践に対する意欲が高く、福祉の思想や理念が芽生えている。
    (関心・意欲・態度)
  2. 介護福祉、社会福祉の基礎的理論、および関連分野の基礎知識が身についている。
    (知識・理解)
  3. 介護福祉の基礎的技術が身についており、介護の場で実践が可能である。
    (技能・表現)
  4. 学んだ知識や技術を、介護実習などを通して総合的、実践的に活用し、様々な課題に挑戦することができる。
    (思考・判断)