高田短期大学


お知らせ

掲載日 2018年09月07日

高田短期大学公開講座「家庭介護のワンポイント」を実施しました。

本講座は、9月1日(土)午後1時30分から15時頃まで、本学の介護実習室で開催し、11名の方にご参加頂きました。講師はキャリア育成学科介護福祉コースの福田洋子准教授が務めました。
講座では、家庭介護についての現状や問題、対策について聴講していただいた後、ボディメカニクスと言葉がけを活用した寝返り・立ちあがりの介助、床ずれを防ぐ体位の作り方、新聞紙を再利用した使い捨て便器の作り方等を実際に体験していただきました。
また、認知症の人とのコミュニケーションの工夫として、お年寄りの感情に焦点を当てるコミュニケーション法であるバリデーションの活用方法が紹介されました。受講者の方々は和やかな雰囲気の中、熱心にメモを取りながら参加されていました。


公開講座「家庭介護のワンポイント」講座風景