ホーム > 学科案内 > 子ども学科

学科案内

子ども学科


夢と笑いのある学びの場、子ども学科。

学科紹介

教育目的

 子ども学科がモットーとする「夢と笑いのある学びの場」を通して、保育・幼児教育の基礎理論や知識、基礎的技能・技術を修得し、思いやりのある人間性豊かな保育者を養成します。さらに、地域と連携して子育て、子育て支援を行うなど、保育で社会に貢献できる人材を育成します。

教育目標

 保育・幼児教育の専門的学習と実習を通して、専門知識や技能・技術を習得し、保育実践力を身につけます。また、少人数教育であるゼミナール、地域ボランティア活動などの体験学習により、問題発見・解決力、自己表現力・コミュニケーション力など、様々な保育の課題に柔軟に対応できる能力を身につけます。

特色

夢と笑いのある学びの場

子ども学科のモットーは、「夢と笑いの学びの場」です。そこで幼児教育の基礎的知識・技能・技術を身につけた保育者の養成を目指します。
 子どもに信頼される保育者になるには、一人ひとりの子どもを理解し、子どもに寄り添って援助できる力が必要です。
 乳幼児期の発達を深く追求し、人格形成の基礎を培うと共に乳幼児期に必要な基礎的知識・技術・技能に優れた保育者の養成を目指します。

希薄化した人間関係の社会の中で集団生活の場を活用し、協力・協調・思いやりの心やコミュニケーション力をもった子ども、生きる力をもった子どもを育成する保育者の養成を目指します。
 幼児を取り巻く環境が大きく変化する中で、人間関係の希薄化・家庭や地域の教育力の低下が取りざたされ、幼稚園や保育所の役割が期待されています。
 乳幼児期の発達の特性に基づき、自発的な遊びの中で自己発揮や他者との関わりを通して、思いやり・協力・協調する力や達成感・充実感を経験することが「生きる力」に繋がります。
 小学校以降の子どもの発達を見通し、幼児期に育てるべき力を育成できる保育者の養成を目指します。

子どもの福祉・子育て支援、家庭支援にも理解を深め、時代のニーズに応える保育者の養成を目指します。
 多くの親が、子育てに不安や悩みをもつ時代、子育て支援を必要としています。そのため幼稚園や保育所は子育て支援センターとしての役割があります。子育てや家庭支援、地域支援に必要な知識・技術を備えた保育者の育成を目指します。

障害のある子どもの教育や福祉についても理解ある保育者の養成を目指します。
 様々な子どもの発達課題を踏まえ、特別支援を要する子どもの深い専門的知識が必要とされます。いろいろな個性をもつ子どもの教育や福祉についても幅広く学びを深め、様々な分野で活躍できる人材を養成します。

千草 篤麿
 子どもと共に生活や遊びをする中で、子どもの素晴らしさを実感し、保育者自身が自らを磨き、子どもたちの夢を育む保育者が求められています。
時代の求める保育者養成に応えていきます。

子ども学科長 千草 篤麿
 子ども学科は約50年前の1966年に開設された、三重県内で最も伝統のある保育者養成の学科です。半世紀の歴史を振り返り、数多くの先輩達が保育園や幼稚園、児童福祉施設で活躍している姿を誇ることができます。また、高田短期大学には、育児文化研究センターが併設されており、保育に関して教育と研究と実践を結び付けた取り組みが行われています。週2回開かれる「おやこひろば たかたん」には、地域の親子が大勢集まってきます。同じ大学の建物の中で、学生が教員や先輩スタッフと共に乳幼児やその保護者と直接関わることができるのは、何物にも代えがたい体験です。
 保育を志された若いみなさん、子どもたちの未来のために、共に手を携えて歩んでいきましょう。

卒業生の声

森川さん森川さん 就職先:大川学園 津西幼稚園(平成29年3月卒)

4歳児と一緒に成長中です。

4歳児クラスの担当として毎日奮闘しています。子どもたちと接する時には、高短で先生方に教えていただいたことを思い出し、活かしてきました。自らに徹底しているのは、子どもの目を見て話をしたり聞いたりすること。一日一回は全員とスキンシップをとり、関わりを持つことも欠かしません。そのように接することで、できなかったことができるようになる様子をそばで見られることが、幼稚園教諭のやりがいです。運動会の練習では、踊りや隊形、移動、並び方を教え、一人でできるようになる過程に成長を感じました。今後も一人ひとりに合った関わりができる保育者を目指して頑張ります。

萩野さん萩野さん 就職先:関認定こども園 アスレ(平成29年3月卒業)

保育者として子供の視点を大切にしたい。

認定こども園の保育者として心掛けているのは、大人の考えを一方的に伝えるのではなく、子どもの声にきちんと耳を傾けること。一人ひとりを見つめ、個々の特性に合った関わりや声掛けをめざしています。子ども同士の関係も大切にして、友達といっしょに過ごす楽しさを感じられる環境づくりにも心を配っています。子どもたちが、これまでできなかったことに取り組んで、できるようになったり、それを笑顔で教えてくれたりすることが、大きなやりがいです。子どもの立場になって考える視点の大切さを実感し、高短時代に模擬授業で学んだ内容を思い出しながら試行錯誤しています。

平井 愛納さん平井 愛納さん 就職先:社会福祉法人 三重済美学院(平成29年3月卒)

自分自身を見つめ直すと、本当に進むべき道が見えてくる。

就職活動を進める中で、めざすべき仕事が何なのか悩むこともありましたが、自分自身を見つめ直してみたことで迷いがなくなりました。就職希望先の施設で実習やボランティアなどを自主的に行い、就職したい気持ちを伝え続けたからこそ内定をいただくことができたと思います。また、キャリア支援の先生方の丁寧な指導にも感謝しています。

長谷川 綾香長谷川 綾香さん 就職先:社会福祉法人洗心福祉会 つまちなか保育園(平成29年3月卒)

子どもと同じ目線で考えられる保育者に。

中学校の職場体験で保育園を訪問した際、子どもたちの成長を支える保育士の姿に魅力を感じたことがきっかけとなり、保育士をめざすようになりました。近くで見守るだけでなく、私も子どもたちと同じ目線に立って関わり、同じ気持ちを共有した上での保育を心掛けたいです。また、保育者同士の連携も大切ですから、高短で身につけた周囲を意識しながら行動する力を発揮していきたいと思います。