ホーム > 学科案内 > 子ども学科

学科案内

子ども学科


夢と笑いのある学びの場、子ども学科。

学科紹介

教育目的

 子ども学科がモットーとする「夢と笑いのある学びの場」を通して、保育・幼児教育の基礎理論や知識、基礎的技能・技術を修得し、思いやりのある人間性豊かな保育者を養成します。さらに、地域と連携して子育て、子育て支援を行うなど、保育で社会に貢献できる人材を育成します。

教育目標

 保育・幼児教育の専門的学習と実習を通して、専門知識や技能・技術を習得し、保育実践力を身につけます。また、少人数教育であるゼミナール、地域ボランティア活動などの体験学習により、問題発見・解決力、自己表現力・コミュニケーション力など、様々な保育の課題に柔軟に対応できる能力を身につけます。

特色

夢と笑いのある学びの場

子ども学科のモットーは、「夢と笑いの学びの場」です。そこで幼児教育の基礎的知識・技能・技術を身につけた保育者の養成を目指します。
 子どもに信頼される保育者になるには、一人ひとりの子どもを理解し、子どもに寄り添って援助できる力が必要です。
 乳幼児期の発達を深く追求し、人格形成の基礎を培うと共に乳幼児期に必要な基礎的知識・技術・技能に優れた保育者の養成を目指します。

希薄化した人間関係の社会の中で集団生活の場を活用し、協力・協調・思いやりの心やコミュニケーション力をもった子ども、生きる力をもった子どもを育成する保育者の養成を目指します。
 幼児を取り巻く環境が大きく変化する中で、人間関係の希薄化・家庭や地域の教育力の低下が取りざたされ、幼稚園や保育所の役割が期待されています。
 乳幼児期の発達の特性に基づき、自発的な遊びの中で自己発揮や他者との関わりを通して、思いやり・協力・協調する力や達成感・充実感を経験することが「生きる力」に繋がります。
 小学校以降の子どもの発達を見通し、幼児期に育てるべき力を育成できる保育者の養成を目指します。

子どもの福祉・子育て支援、家庭支援にも理解を深め、時代のニーズに応える保育者の養成を目指します。
 多くの親が、子育てに不安や悩みをもつ時代、子育て支援を必要としています。そのため幼稚園や保育所は子育て支援センターとしての役割があります。子育てや家庭支援、地域支援に必要な知識・技術を備えた保育者の育成を目指します。

障害のある子どもの教育や福祉についても理解ある保育者の養成を目指します。
 様々な子どもの発達課題を踏まえ、特別支援を要する子どもの深い専門的知識が必要とされます。いろいろな個性をもつ子どもの教育や福祉についても幅広く学びを深め、様々な分野で活躍できる人材を養成します。

千草 篤麿
 伝統ある学び舎で、子どもたちの未来を照らす保育者に。
子ども学科長 福西 朋子
 子ども学科は50年以上の歴史をもつ、三重県内で最も伝統のある保育者養成の学科です。半世紀の歴史を振り返り、数多くの先輩達が保育園や幼稚園、児童福 祉施設で活躍している姿を誇らしく思います。また、高田短期大学には、育児文化研究センターが併設されており、保育に関して教育と研究と実践を結び付けた取り組みが行われています。週2回開かれる「おやこひろば たかたん」には、地域の親子が大勢集まってきます。同じ大学の建物の中で、学生が教員や先輩スタッフと共に乳幼児やその保護者と直接関わることができるのは、何物にも代えがたい体験です。
 保育を志された若い皆さん、子どもたちの未来のために、共に手を携えて歩んでいきましょう。 

卒業生の声

森川さん内田さん 就職先:松阪市(平成31年3月卒)

私は様々な環境の下で多くの子どもたちと関わりたいという思いが強くあり、1年生の夏頃に公立の保育者を目指すようになりました。時には本当にこれでいいのかなどと悩むこともありましたが、いつも周りには一緒になって考えてくれる先生や友だちの存在がありました。
一緒になって頑張れる友だちや、一緒になって考えてくれる先生がいたからこそ、自分がなりたい姿を明確に持つことができ、自分の目標を叶えることができたのだと思っています。
今後保育者として、子どもたちだけでなく保護者への支援もしていくことになると思います。その際には一人ひとりの個性や考えを認めて、一緒になって考えることのできる保育者でありたいと思っています。

萩野さん中野さん 就職先:社会福祉法人愛育会 愛華保育園(平成31年3月卒)

私は愛華保育園での実習を通して、同園の子どもの想像力を引き出す保育に感銘を受け、また、先生同士が連携を取りながら生き生きと働いている姿に魅力を感じ、就職を考えるようになりました。実習終了後も自主的に実習を依頼し、何度も通うとともに、私立保育園連盟が主催するガイダンスでは園長先生に積極的に質問をして同園で働く自身の姿をイメージしていきました。同時に、採用試験に向けて面接やピアノの練習を繰り返し、無事に内定をいただくことができました。
今はまだ保育士として現場に立つ不安もありますが、園での生活に早く慣れるように積極的に取り組み、わからないことがあれば質問しながら、子どもたちと一緒に成長していきたいと考えています。

平井 愛納さん中村さん 就職先:学校法人専修学園 高田幼稚園(平成31年3月卒)

自分が保育をする上でどんな時に楽しさを感じるのか、保育者となった時の姿を想像することで、どのような園で働きたいのかが見えてくると思います。
私は子どもたちと歌ったり演奏したりすることが好きだったことから、音楽活動に力を入れている高田幼稚園に就職先としての魅力を感じました。また、私が音楽を好きになるきっかけを与えてくれたのも母園である高田幼稚園でした。
保育と音楽という好きなものを仕事に出来ることは、私自身の楽しさややりがいにも繋がると思います。今後は私が保育者として、子どもたちに音楽の楽しさを伝えていきたいと考えています。

長谷川 綾香平松さん 就職先:社会福祉法人 三重済美学院(平成31年3月卒)

私は子どもが大好きで、保育者になることを目指して高田短期大学に入学しました。大学では保育者として求められる専門的な知識や技術を学び、そのうえで参加した施設実習で障害児・者支援に携わってみたいと考えるようになりました。就職先での実習だったのですが、利用者さんとの関わりの中で、自分には何ができるのかなど考え直すよい機会となりました。実習中にここに就職したいという気持ちを伝えたり、実習後もボランティアとして施設行事に積極的に参加したことが内定に繋がったのではないかと考えています。
就職先を決める際にはたくさん悩み、ゼミナールの先生に何度も相談しました。悩んでいた私に最後まで寄り添い、一緒に考え続けてくださった先生にとても感謝しています。