自然保育

自然保育

高田短期大学における自然保育の学び

自然保育とは

保育の主役が子どもたちであること

自然の中で遊ぶって、大人でもわくわくしませんか?
大人でも楽しいのに、子どもならなおさらですよね。
子どもたちの心がわくわくするような環境が周りにあると、自分自身で「やってみたい!」と動き出します。
子どもたちが主役となって活動し、好きなところで好きなことをして過ごしている「自然体験」を、保育者が専門的に支えます。

大人も子どもも、せんせいたちも。

子どもの知的好奇心が育つ

「勉強をするうえでも人間関係を作るうえでも、もっとも重要なことの一つが知的好奇心を持つこと」
 
自然に触れて感動する体験を通して、自然の変化などを感じ取り、好奇心や探究心をもって考え、言葉などで表現しながら、主体的、意欲的な学びへとつながっていきます。

何種類もあるどんぐり

子どもの非認知能力を育む

乳幼児期に認知能力以外の能力、いわゆる「非認知能力」の基礎を育てることが人間の一生には非常に大切です

非認知能力とは、自尊心、自己肯定感、自立心、自信などの「自分に関する力」。 そして社会性と呼ばれる、協調性、共感する力、 思いやり、社交性、道徳性などの「人と関わる力」です。 非認知能力は「心の土台」のようなものです。
そして、この「非認知能力」を育むには自然環境や自然体験が有効との考えが注目されており、自然体験への注目が高まっています。

これはなんだろう?

自然体験は子どもの自己肯定感を育てる

自然の中には『できた!』『やり遂げた!』と思える場面がとても多い。
乳幼児期に自然保育を通じて、高いレベルの知的好奇心と自己肯定感があれば、人は迷うことなく自分の道を選ぶことができます。この経験から、子どもたちは小学生以降も積極的に学んでいくことができます。

行く先は自分で決める。

自然と関わり、生命の大切さを感じる“心”を育てる

自然に触れて感動する体験を通して、自然の変化などを感じ取り、好奇心や探究心をもって考え言葉などで表現できるようになります。
生命の不思議さや尊さに気付き、身近な動植物への接し方を考え、命あるものとしていたわり、大切にする気持ちをもって関わるようになります。
自然保育は子どもたちの“感じる心”を育てます。

自生する野いちご(食べられます)

“直接体験”や“感情体験”を重視

「自然の遊び」の中で、思考力と実践力が生まれる

子どもには目に入るすべてが遊びの対象であり、「楽しいことから怖いことまですべて吸収」します。
自然の中で自由に遊ぶことによって新しい遊びを発見することもできます。また発想力が高まり非常に効果的です。

目に映る全てが「遊びどうぐ」

自然保育での「保育者の専門的な関与」

してはいけないと強制せず、したいことをさせてあげられるのには、保育者の目が端から端までしっかり行き届いているから。

「先生は子どもたちの安全面を考えルートを確認し、それぞれに合った自然の楽しみ方を把握している」
「一人では危険なところは、しっかりと傍に付き補助を行っていたが、それ以外は子どもたちのやりたいようにさせる」

先生方の専門的な関与があるからこそ、自然保育が成り立ち、子どもがのびのび成長できます。

自然保育をリードできる「保育者」

「自然(しぜん)から 自然(じねん)」へ

日本にはもともと自然(じねん)という考え方があり「あるがままの状態」を意味します。これは「無為自然」に起源をもつ親鸞聖人などの仏教的な思想から来ています。

「自然には真っ直ぐな線でできたものは一つもない。人間も自然から生まれたのだから自然とともに生きることが自然」

「仏教精神に基づく人間形成」を建学の精神とする本学にとって、「自然」は非常に親和性のあるテーマとなっています。

ピンク、黄色、夏楽しい友達Facebookカバー

高田短期大学での自然保育

自然保育を学ぶ“里山”

高田短期大学に隣接する敷地に、学生や先生が中心となって自分たちで手作りをした広大な里山ゾーンがあります。

森の中にある大学という、恵まれた立地を生かし、今注目されている自然保育を学ぶ場として活用しています。

satoyamamap - コピー

里山開拓マップ

自然保育実践園での川遊び

自然保育実践園での保育実践

いもほり体験

収穫、調理体験

たき火でパンづくり

自然物を用いた工作

自然物を用いた工作

自然物を用いた工作

学生による木育活動

手作り栽培キットでの野菜作り

葉っぱでアート3

葉っぱのアート

あそび道具制作

森のハンモックあそび

遊具づくり(ターザンロープ)

バンブーチャイムづくり

竹でスタードームづくり

学生による里山開拓

竹林でたけのこ探し

竹灯り

森のブランコ

子どもたちに大人気の、高い木の枝にぶら下がった、長い長いブランコ。
乗るとギシギシいうけれど、二人で乗っても大丈夫。