仏教教育研究センター

仏教教育研究センター 概要

沿革

1994年(平成6)4月1日 高田短期大学旧1号館内に仏教文化研究センターを開設
1996年(平成8)4月1日 仏教文化研究センターを高田短期大学図書館内へ移転
2011年(平成23)4月1日 高田短期大学内に仏教教育センターを設置
2012年(平成24)4月1日 仏教文化研究センターと仏教教育センターを併合し、仏教教育研究センターと改称。

設置目的

 規程第2条 センターは仏教文化及びその関連領域に関する総合的研究を行い、建学の精神に基づく本学の教育を推進するとともに、地域社会における精神文化の進展に寄与すること、また、真宗高田派の教学を振興し、教師や布教使、並びに将来の宗門の指導者を育成するとともに、地域の方々の生涯教育に資することを目的とする。

組織

短期大学学長---地域連携施設長---仏教教育研究センター長---事務局

研究センター構成員
センター長 松山 智道(高田短期大学特任講師)
運営委員

梅林 久高(高田短期大学学長)

栗原 廣海(高田短期大学名誉教授)

真置 和徳(真宗高田派宗務院教学担当総務)

山川 真和(真宗高田派宗務院教学課長)

金信 昌樹(高田短期大学非常勤講師)

藤田 正知(高田中・高等学校教諭)

清水谷 正尊(高田短期大学非常勤講師)

研究センター係 竹内 貴彦 三室 貴久
特別研究員 常磐井 慈裕(真宗高田派法主)
研究員

新 光晴(専修寺宝物館主幹)

安藤 章仁(高田中・高等学校非常勤講師 早稲田大学非常勤講師)

梅林 久高(高田短期大学学長)

金信 昌樹(高田短期大学非常勤講師)

北島 恒陽(真宗高田派正泉寺住職)

栗原 直子(真宗高田派誓元寺衆徒)

栗原 廣海(高田短期大学名誉教授)

佐波 真(真宗高田派明通寺住職)

島 義恵(真宗高田派聖洞寺住職)

清水谷 正尊(高田短期大学非常勤講師)

首藤 善樹(高田短期大学名誉教授)

中川 結幾(真宗高田派妙華寺衆徒)

藤田 正知(高田中・高等学校教諭)

松山 智道(高田短期大学特任講師)

事業

  • 智慧光院・勧学院寄贈和綴図書の整理・データベース化
  • 『顕正流義鈔』の研究と研究書の出版
  • 仏教教育研究センター公開講座
  • 仏教教育研究センター仏教基礎講座(高田本山寄附講座)
  • 仏教教育研究センター仏教専門講座(高田本山寄附講座)
  • 「高田学会」事務局としての業務