介護福祉コース

介護福祉コース紹介

コースの特徴

介護現場を牽引するリーダー「介護福祉士」の養成

介護職はいつの時代も必要とされる社会貢献度の高い仕事。介護福祉コースでは、確かな専門性と思いやりを重視した教育で、多くの人を支える「介護福祉士」の国家試験受験資格が取得できます。

専門知識を持った「介護現場のリーダー」へ

介護福祉士を養成する「三重県で唯一の大学」

高田短大は三重県で唯一「介護福祉士を養成する大学」です。

介護福祉専門科目はもちろん、社会人基礎力をつけるため、パソコンスキルや資料調査、プレゼンスキルなども修得します。

ほかにも「ピアヘルパー」「レクリエーションインストラクター」「社会福祉主事任用資格」といった資格が取得可能です。

大学ならではの多彩な科目がたくさん

基礎から応用まで対応した「実技授業」

介護福祉士の基礎的な知識だけでなく実技や手話などの授業もあり、実践的な技術も修得することが可能です。

現場経験の豊富な教員による指導や、少人数制での授業によって、より高いレベルでの教育を行います。

現場力を高める授業

系列の介護施設がバックアップ「高田グループ」

複数の高田グループの系列介護施設が、あなたの学びをサポート。

優良、健全な介護施設が多数あり、施設の自由見学、介護実習の受け入れ、講師の派遣、就職先の確保など強力にバックアップ。

三重の介護福祉を支える「たかたん」の卒業生たち

学びの特色

1

万全な準備で合格を目指す「国家試験対策」

介護福祉士国家試験合格に向けて、授業の中で定期的に過去問題や小テストを実施。万全な準備をして国家試験合格を目指せます。

2

介護現場ですぐに役立つ「実技授業」

介護現場ですぐに役立つ「基礎技術」をしっかり身につけることで、臨機応変に対応できる「応用技術」に繋げることができます。

3

大学ならではの「研究を主体とした学び」

専門的な研究、発表の場が多いのは短大ならでは。

研究の授業を通じて、プレゼン能力やコンピュータスキル、法学、政治学など実際の現場で役立つ力を身につけることができます。

4

ボランティア活動を通じた「人間力の形成」

グループ系の介護施設や、地方公共団体、NPO団体などと数多く連携。多くの人との交流を通して「人間力」を高めるため、ボランティア活動も多彩です。

特色ある科目

基礎生活支援技術

基本的な介護技術「移動・排泄」を習得します。

医療的ケア演習

モデル人形を使用し、喀痰吸引と経管栄養の一連の流れを学びます。

介護過程演習

介護に関するさまざまな課題解決のための方法論を学びます。

実習の様子

利用者さんとの交流は想像以上に多いです

介護職員の方からたくさんアドバイスを頂きます

入浴後の補助も行います

リハビリやレクリエーションのお手伝い

奨学金制度

介護福祉士就労予定者奨学金(介護コース全員に給付)

最大25万円/年額

高田短大独自の制度として「介護福祉士就労予定者奨学金制度」があります。介護福祉コース入学者全員に「最大25万円/年額」給付されます。返還は不要です。

介護福祉士修学資金貸付制度

168万円/2年総額

三重県社会福祉協議会が実施する本制度は、本学介護福祉コースをはじめとする県内介護福祉士養成校を卒業し、介護福祉士として三重県内の社会福祉施設等で返還免除対象業務に引き続き5年間従事した場合、貸付金が返還免除となる制度です。

本学の奨学金制度「介護福祉士就労予定者奨学金」と併せて受給することができ、自己負担は非常に少なく学ぶことができます。

施設型奨学金制度

120万円~192万円/2年総額

介護福祉コースの学生は、三重県内15法人(医療・福祉施設)と提携した「施設型奨学金」を利用できます。

奨学金支給額は120万円~192万円(2年総額)で、施設で指定の期間働くと返還が免除となります。

活躍する卒業生の声

DSC09253 - コピー
voice1

実習でお世話になった施設に就職

現在は実習でお世話になった老人保健施設に就職し、介護福祉士として働いています。学生時代に学んだボディメカニクスを用いた身体介助を行っており、うまくいったときは介護の面白さを実感します。

高田短大では2年間で国家資格が取得できるカリキュラムがしっかり組まれているので大丈夫。在学中に得た知識には、就職した後も何度も助けられています。

さん/介護福祉コース2020年3月卒業

勤務先:医療法人富田浜病院 浜っこサテライト

0056_original - コピー
voice2

高短での学びを「判断の土台」にして。

私の職場は介護度の高い高齢の方が入所して、最後の時まで過ごす特別養護老人ホームです。ある日、普段はあまり声掛けに反応のない利用者様に変化が見られ、聞こえているのに応えることができないだけだと気づきました。より思いやりある言動につなげていこうと、思いを新たにした出来事でした。

高短で身につけた基礎知識は、どんな場面に遭遇してもきちんと判断を下して「その人に会った介護行動」を行うために欠かせない土台となっています。

田中さん/介護福祉コース2019年3月卒業

勤務先:シルバーケア豊寿園


コース長メッセージ

介護福祉士は、生活支援のプロとしてその人が望む暮らしが実現できるように、日常生活に欠かせない衣・食・住を身近なところで支えながら、困りごとの解決に向けて支援する役割があります。「あなたがいてくれて良かった」と他者から喜ばれ、心の支えとなれる人を目指し学びあいましょう。

介護福祉コース長 中川 千代