特色あるキャリア育成応用科目

特色あるキャリア育成応用科目

 描いたキャリアデザインを実現するための専門能力を育成する学習領域です。「オフィス」「ビジネス」「会計」「情報」「医療・福祉」を設置しています。

1.オフィス

「オフィス」では、一般企業のオフィスワークにおいて必要とされる専門的な知識を学びます。

オフィスワークの基本である秘書業務について学ぶ「秘書学I、II」、ビジネスの基本知識や実務能力について学ぶ「ビジネス実務論」「ビジネス実務演習」などがあります。

2.ビジネス

「ビジネス」では、広くビジネスに関わるための専門的な知識を学びます。

専門領域を学ぶための基礎科目である「社会学」「経済学」、企業活動の構造や組織運営について学ぶ「経営学」、労働者としての自分を守るために必要な知識となる「労働法」、人をはじめとする経営資源の管理を学ぶ「経営管理論」、三重県地域の産業について学ぶ「地域産業論」、サービス現場における実践力を身につける「サービス実務総論」、流通やマーケティングについて学ぶ「流通論」「マーケティング論」があります。

3.会計

「会計」では企業の経理やビジネス、財政について学びます。

基本的な会計制度を学ぶ「会計学」、税について学ぶ「租税法」、簿記実務を身につける「簿記論I、II」「簿記演習」「簿記総合演習」「商業簿記論」「商業簿記演習」「工業簿記論」「工業簿記演習」、生涯を通じたマネープランやライフプランについて考える「ファイナンシャル・プランニング」があります。

4.情報

「情報」領域の科目では、オフィスで必要となるコンピュータやネットワークの活用を実践的にできるようになることを目標としています。

コンピュータやネットワークの背景知識を学ぶ「情報処理論」、パソコンを使って様々な文書を自由に作成できる能力を身につける「文書情報演習I、II」、オフィスの現場を想定し、様々な形態のビジネスドキュメントを実践的に学ぶ「オフィス文書処理実践」、ビジネスで必要となる様々な計算帳票を扱い、計算シートやグラフを自由に作成できる能力を身につける「ビジネス情報演習I、II」、オフィスの現場に即した表計算処理を実践的に学ぶ「オフィス情報処理実践」、蓄積されたデータを業務に活用するための「データベース1、Ⅱ」、業務システムの理解と基本的な設計や構築ができる「ビジネスシステム演習」、インターネット上の様々なサービスを組み合わせて活用する「ネットワーク活用」、様々なオフィスコンテンツの制作を実践する「オフィスコンテンツ制作」を開講しています。

5.医療・福祉

「医療・福祉」の領域は、医療事務や介護事務能力に関する専門的な知識を学びます。

「医療事務技能認定試験合格」の認定合格証・医療事務管理士を取得し医療事務に就くための知識を学ぶ「医療事務I、II」と介護事務管理士を取得し、介護事務として仕事に就くための知識を学ぶ「介護事務」が開講されています。